EISAN SYSTEM
会社概要 事業内容 社員インタビュー 採用情報 問い合わせ リンク サイトマップ
トップページ > 社員インタビュー > 小林竜也





人の命を守るような、社会的に意義ある仕事がしたい、そう思う方、ぜひ一緒に永産システム開発で頑張りましょう!


入社の動機は

大手企業よりも、小さな規模で、全体が見回せる会社がいいと思ったんです。新入社員を大勢採用する会社は、それだけ退職する人も多いですよね。そうではなく、本当に愛着がもてる会社で、しっかり働けるところがいいと思いました。それに、会社の規模が大きいと、一人一人に任せてもらえる範囲が狭くなる。永産システム開発であれば丁度良い規模で、しかも早くから多くの経験を積めると思いました。それも、大きな魅力のひとつでした。

現在、担当している仕事は
入社してすぐに携わったのは、原子力関連のシステム。プラントが安全に稼働しているかどうかを管理するシステムがあるのですが、その一部改良を手伝いました。その後は病院の健康診断システムのプロジェクトメンバーになり、電子カルテシステムを見据えた、健康診断結果をオンラインネットワークで共有するシステム開発に携わっています。


仕事の面白さ・やりがいは
やはり自分の作ったものが実際に現場で動くのを見たときは感動しますね。入社1年目に初めて原子力関連のシステムを開発したときは、「本当にこれ、動くの?」と不安でした。もちろん、先輩がチェックし、何度も試験をしているので、動いて当たり前なのですが(笑)。それと、病院システムの場合は、ユーザーの反応がダイレクトに返ってくるのが、新鮮でした。ドクターや患者さんの使い勝ってやご要望を直接、聞くことができます。時には「とても使いやすよ」とほめていただいたり、時には「この部分はダメだ」とお叱りを受けたり。こうした声に触れながら開発に取り組むことができるのは、やる気もでますし、恵まれていると思っています。



学生の方へのメッセージを
システム開発を通して医療に貢献したい。人の命を助けたり、守ったりするような社会的に意義ある開発を行ってみたい。そんな想いをもっている方は、うちはぴったりじゃないかな。きちんと主張さえすれば、やりたい仕事に就くことができる思います。当然、実力が伴ってのことですが。それから、コンピュータの知識の有無はまったく気にする必要はありません。現に私も全く知りませんでした。要は、やる気です。仕事を通して自分を高めていきたい、そう思う方なら絶対大丈夫ですよ。



他のインタビューを見る

 石井 竜二 開発部 2000年入社
 竹本 康樹 開発部 1999年入社